不動産ニュース / イベント・セミナー

2020/9/25

シェアエコ協、初の地方支部を関西で設立

 (一社)シェアリングエコノミー協会は24日、同協会初となる地方支部を関西で設立。記念イベントを開催した。

 関西支部の支部長には、同協会の幹事・駐車場のシェアリングサービスを展開するakippa(株)代表取締役社長CEOの金谷元気氏が就任。「2016年1月の設立時は40社だった加盟企業も、現在は300社にのぼる。関西でも『Space(スペース)』『Goods(モノ)』『Skill(技術)』というベンチャーシェアリングエコノミー領域があり、シェアリングの認知度を高めていきたい。大企業を巻き込んでスタートアップとつなぐ役割を果たし、自治体との連携にも努める」などと話した。

 シェアリングシティを代表して登壇した神戸市長の久元喜造氏は、「関西でもシェアリングエコノミーの輪は広がっている。神戸でもその普及に力を入れているが、どの自治体でも頭を痛めているのは『空き家』『空き地』問題。その解決に向け、シェアリングエコノミーの活用が期待される」と挨拶。
 引き続き、神戸市企画調整局つなぐラボ特命係長の長井伸晃氏が、自治体と法人企業連携における取組事例を発表した。神戸市では、SDGsの取り組みとして、エコノミーとエコロジーに貢献する“シェアエコシティ”を目指しており、地元企業とともに市内および阪神電車駅構内の合計90ヵ所で展開している傘のシェアリングサービス「アイカサ」や、地元のパン事業者とタッグを組んで行なっているフードシェアリング「TABETE」の取り組みについて紹介した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。