不動産ニュース / 開発・分譲

2020/10/12

埼玉・新田で、抗菌建材導入した建売住宅/中央住宅

「マインドスクェア蒲生愛宕町」街区イメージ

 (株)中央住宅は12日、新築戸建て分譲住宅「マインドスクェア蒲生愛宕町」(埼玉県越谷市、総戸数8戸)の販売を開始したと発表した。

 東武スカイツリーライン「新田」駅から徒歩9分に立地。木造2×4工法2階建て。敷地面積101.56~103.24平方メートル。延床面積92.54~94.66平方メートル。間取りは4LDK+ウォークインクローゼット。

 衛生面に配慮した暮らし方の提案として、玄関手すりは抗菌・抗ウイルス仕様、壁紙は抗アレルゲン仕様としたほか、床は光触媒でウイルス・細菌を低減する「エアー・ウォッシュ・フローリング」を採用した。また、洗面所には手の甲や腕で押しても開けられるプッシュハンドルのドアや、水栓レバーを触らず手洗いができるタッチレス水栓を採用した。

 販売戸数は3戸。販売価格帯は3,580万~4,180万円。竣工は2021年1月上旬、入居開始は同年2月下旬の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

2×4(ツーバイフォー)工法

北米で生まれた木造建築の工法。わが国における正式名称は「枠組壁工法」である。 断面が2インチ×4インチの木材を使用することから、このような名称が付けられた。このツーバイフォー工法の最大の特徴は、木材で組んだ「枠組」に構造用合板を打ち付けることで、構造全体の強度を得ることである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。