不動産ニュース / 開発・分譲

2020/10/14

阪大の国際学生寮を竣工/パナソニックH

「大阪大学グローバルビレッジ津雲台」国際学生寮・教職員宿舎外観

 国立大学法人大阪大学は、全国最大級の国立大学国際学生寮の整備事業「大阪大学グローバルビレッジ津雲台」(大阪府吹田市、総室数700室)を竣工し、10月より供用を開始した。

 同事業は、パナソニック ホームズ(株)を代表企業とし、(株)合人社計画研究所、(株)松村組で構成するコンソーシアムが請け負うPFI事業。総面積約7,200坪の敷地に、大阪大学の施設(国際学生寮・教職員宿舎)と民間付帯施設を配置した。総事業費は約123億円。

 大阪大学の施設は、10階建て、敷地面積約1万3,253平方メートル、延床面積約2万3,037平方メートル。学生寮(居室数300室)は、日本人学生と留学生が共に暮らす混住型。リビング・キッチン・シャワー・トイレは共用で、家具等も完備。共有部には、交流ラウンジや共同浴場、宅配ボックスなどを配置。併せて教職員宿舎(同400室)も整備した。
 大阪大学が所有権を持ち、特別目的会社のPFI阪大グローバルビレッジ津雲台(株)が、維持管理業務と運営業務を実施する。

 民間付帯施設は、敷地面積約1万551平方メートル、延床面積約1万5,493平方メートル。賃貸住宅やシェアハウス(UDS(株)が運営)、サービス付高齢者向け住宅、コンビニエンスストアなどの商業店舗の他、医療施設、教育文化施設、福利厚生施設、貸駐車場等の誘致を予定。近隣住民にも利用してもらい、地域交流を育む施設を目指す。
 大阪大学からPFI阪大グローバルビレッジ津雲台が敷地を定期借地契約で賃借。パナソニック ホームズが建物を整備・所有の上、事業を運営する。なお、借地期間は50年間とし、借地期間終了後は更地返還となる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。