不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/10/16

約4割が「テレワークをやめた」/大東建託調査

 大東建託(株)は16日、2回目となる「新型コロナウイルスによる意識変化調査」の結果を発表。同日、調査・分析を担当した同社賃貸未来研究所所長の宗 健氏が説明した。

 同調査は、住まいへの意識変化やテレワーク実施状況等について聞いたもので、今後も定期的に実施する。調査期間は9月11~16日、全国の男女を対象にインターネットでアンケートを行なった。回答者数は2,120人で、半数が前回調査(7月公表)でも回答している。

 テレワークの実施について、「過去6ヵ月以内にテレワークした」のは26.3%(前回調査比0.3ポイント低下、※前回調査の設問は「3ヵ月以内」)。そのうち39.2%が「テレワークをやめた」と回答した。職業別では「公務員」が71.4%とやめた人が最も多く、「パート・アルバイト」が47.5%、「正社員(製造・現場職)」が41.7%となった。

 不動産市場については、「これから家賃は下がると思う」が56.2%(前回調査比1.1ポイント上昇)、「これから不動産価格は下がると思う」は67.6%(同1.9ポイント低下)と先安感がかなり強く表れた。

 また、「これから郊外の人気が上がると思う」が57.6%(同7.8ポイント上昇)、「これから地方の人気が上がると思う」が57.7%(同6.4ポイント上昇)と、大きく上昇。「コロナをきっかけに郊外への引っ越しを考えている」は8.9%(同3.6ポイント上昇)で、「コロナをきっかけに都心への引っ越しを考えている」7.0%(同1.7ポイント上昇)を上回った。「テレビ・メディアの報道の影響が色濃く出た。ただし、意向と実際の行動には乖離があるので、当面は大きな動きはないのでは」(宗氏)。

 今回からの設問として住居志向について聞いたところ、「コロナをきっかけに戸建てが良いと思うようになった」が45.1%、「コロナをきっかけにもっと広い家に住みたいと思うようになった」が22.6%となった。「広さよりも戸建ての遮音性や部屋数といった要素がテレワークの普及を背景に評価されている」(宗氏)。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

テレワーク

働き方のひとつで、情報通信機器等を活用して時間や場所の制約を受けずに柔軟に働く方法をいう。事業所に出勤せずに家で作業する在宅勤務、個人が委託・請負によって作業する在宅ワークなどがあるが、情報通信技術を幅広く活用することが特徴である。 テレワークにおいては、住宅が職場ともなり得る。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。