不動産ニュース / イベント・セミナー

2020/10/21

ハウスドゥが全国大会。DX推進

 (株)ハウスドゥは21日、14回目となる全国FC大会を開催。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、オンライン配信で行なった。

 同社代表取締役社長の安藤正弘氏がFCの現況を紹介。2020年9月末時点の加盟店舗数は契約ベースで659店舗、オープン店舗は570店舗となった。ハウス・リースバックの対応エリアも拡大しており、8月以降に横浜、千葉、広島、札幌といった大都市圏に直営店を出店している。

 同氏は現在の経済情勢について「深刻な景気後退局面ではなく、ポジティブにとらえている。不動産市場においてもマイナス金利が後押しして『買える人は買う』という動きは継続する。実際、この自粛期間中の直営店の売り反響・買い反響は共に前年同期を上回った。そのため現場には販売用不動産の仕入れを促進するよう指示している。この2、3年は攻勢に打って出るチャンスだ」とした上で、今後の戦略について解説した。

 戦略では、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するとして、売買におけるIT重説やオンライン案内、VR内見など、さまざまなサービスに積極的にチャレンジしていくことを明らかにした。中でも、先端テクノロジーを搭載したスマートホーム「スマートDoホーム」の開発に力を入れていくという。「自動車のテスラのように、スマートフォンアプリでさまざまな操作や情報取得ができる住宅を作りたい。それを、一次取得者でも購入できる価格帯で市場投入する」(安藤氏)。また、販売後のケアについてもスマートフォンアプリで各種サービスを提供する「スマートDoサポート」の開発も進めていく。

 また、テック重視の新展開を機に、ブランドロゴも一新。新ブランドロゴについて、21年1月から順次加盟店の店舗リニューアルを進める計画。

新たなブランドロゴ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。