不動産ニュース / 開発・分譲

2020/11/5

両国国技館前のホテル、11月12日開業

「ザ・ゲートホテル両国 by HULIC」外観

 ヒューリック(株)は、「ザ・ゲートホテル両国 by HULIC」(東京都墨田区、客室数126室)を11月12日に開業する。「ザ・ゲートホテル」ブランドとしては東京の浅草と有楽町、京都の高瀬川に続き4物件目。

 JR総武線「両国」駅徒歩3分、都営地下鉄大江戸線「両国」駅徒歩7分。隅田川沿いに立地し、道路を挟んで向かい側には両国国技館がある。また建物の前に、水上バス発着所「両国リバーセンター」が位置する。

 地上9階建ての2~9階に出店。客室はプライベートテラスのあるスイートルーム「THE GATE」や、両国国技館が窓越しに見える「Scenic」など8タイプを用意。スランバーランド社製のオリジナルマットレスのベッド、ネスプレッソのコーヒーマシン、ミラーリング機能付きのテレビなどを備えている。

 2階にはビストロレストラン&バー「Anchor Ryogoku Riverside」を用意。隅田川に沿って解放した空間で、魚介類に力を入れた料理を提供。テイクアウトメニューも揃える。
 最上階の9階は、東京スカイツリーや両国のまちなみを楽しめるルーフトップテラス&ラウンジを設け、宿泊者限定でドリンクや軽食を提供する。

 正規料金は、「Modest」(16平方メートル、1名利用)で1万9,000円、「Essential」(24~29平方メートル、2名1室利用)で3万4,000円など。

 同ホテル総支配人の伊藤美紀氏は、「リバーサイドホテルとして、両国での新しい過ごし方を提案していきたい」とコメントしている。

「Minimal」はフローリング敷きで、インテリアも和の雰囲気に
「Modest」には、ホテルワークとして利用する人向けに、昇降するデスク、キーボード、モニタを備えつけている

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。