不動産ニュース / 開発・分譲

2020/11/5

ハノイで3,000戸の住宅を開発/野村不

分譲住宅の完成予想イメージ

 野村不動産(株)は5日、ベトナム・ハノイエリアの大規模開発事業「Ecoparkプロジェクト」内の分譲住宅事業に参画すると発表した。

 「Ecoparkプロジェクト」は、現地のディベロッパーであるEcopark社(Eco社)が10年以上にわたり手掛けている同国内最大規模のタウンシップ開発。約500haの敷地に、住宅・オフィス・商業施設・学校・公園等の都市機能を整備する。全街区の完成は2030年の予定。

 野村不動産がハノイエリアで事業参画するのは初めて。敷地面積約4万平方メートル、延床面積約30万平方メートル、総戸数約3,000戸の住宅の開発に、コンセプト立案から参画。コミュニティ設計や、日本らしさを生かしたの意匠提案を行なう。竣工・引き渡しは24~25年の予定。

 同社は28年3月までの新中長期経営計画において海外事業を成長分野の一つと位置付けており、28年3月期までに約3,000億円を投資し、利益割合は全体の15~20%まで拡大する方針を掲げている。今後も、ベトナム等の既存進出国での事業拡大や、新たな国への進出を図る。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。