不動産ニュース / 開発・分譲

2020/11/5

岡山で新生活様式対応の分譲マンション/大和ハ他

「プレミスト岡山ザ・レジデンス」外観イメージ

 大和ハウス工業(株)、近鉄不動産(株)、(株)長谷工不動産、四国旅客鉄道(株)、(株)エネルギアL&Bパートナーズは5日、分譲マンション「プレミスト岡山ザ・レジデンス」(岡山市北区、総戸数293戸)の概要を発表した。

 JR「岡山」駅から徒歩6分に立地。敷地面積約4,430平方メートル。鉄筋コンクリート造地上19階建て、延床面積約2万4,607平方メートル。ウィズコロナの新しい生活様式に対応した住宅として開発する。

 間取りは、2LDK~4LDK。専有面積は65.45~91.45平方メートル。全戸南向きで、通風と採光を確保する。また、在宅時間が長くなることによる電力料金の負担増加を軽減するため、高圧電力の一括受電を採用。中国電力グループから一括受電した高圧電力を各住戸に配電することで、個別契約より電気料金を最大15%削減する。

 共用部には、(株)関西TSUTAYAと連携し、「スタディルーム」を設置。テレワークや学習が行なえる一人席を配置したスペースで、教育や趣味に関わる約800冊の書籍を用意するほか、Wi-Fi環境も整える。

 開発地は2018年まで(株)天満屋が複合施設「遊プラザ」を営んでおり、19年に(株)長谷工コーポレーションが取得。その後、5社がマンション建設用地として購入した。マンションの隣接地では天満屋がスーパーマーケット「天満屋ハピーズ昭和町店」の整備も進めており、マンションの住民はマンション内に設置する専用カートで買い物ができるようにする。

 10月に着工済み。モデルルームオープンが21年2月、販売開始が同年4月の予定で、販売戸数、価格は未定。竣工・入居開始は23年3月となる予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

電子書籍のみ販売中防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 550円(税込み・送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。