不動産ニュース / 開発・分譲

2020/11/5

熊本地震の被災マンション建て替え第1号が竣工

被災した「上熊本ハイツ」
「アトラス上熊本」外観

 旭化成不動産レジデンス(株)は5日、「平成28年熊本地震」で全壊と認定されたマンション「上熊本ハイツ」(熊本市西区、5棟・100戸)の建て替えプロジェクト「アトラス上熊本」(同、1棟・184戸)を竣工したと発表した。同震災の被災マンション建替事業の第1号となる。

 「上熊本ハイツ」は、JR鹿児島本線「上熊本」駅徒歩8分に立地。1980年築。敷地面積約7,003平方メートル。鉄筋コンクリート造地上4階建て2棟および地上5階建て3棟からなる団地。延床面積約7,736平方メートル。全壊認定直後の16年5月に管理組合が「復興特別委員会」を立ち上げ、被災後の対応について議論。同社はその時からアドバイザーとして参画し、建替え決議成立後の17年1月に事業協力者として選定された。

 建て替え後は、鉄筋コンクリート造地上14階建て。延床面積約1万6,760平方メートル。間取りは1LDK~4LDKで、専有面積は39.9~101.6平方メートル。分譲戸数は113戸で、現在14戸を販売中。間取りは3LDK・4LDKで専有面積は77.96~85.16平方メートル。販売価格は3,230万~3,940万円。最多販売価格帯は3,500万円台。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。