不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/11/6

物流施設への投資額、前年比88%増

 シービーアールイー(株)(CBRE)は5日、2020年第3四半期の投資市場動向調査の結果を発表した。

 当期の事業用不動産への投資額は5,990億円(前年同期比26%減)。JREITによる投資額が3,050億円(同6%減)と減少したのに加え、その他の国内投資家が1,090億円(同68%減)となり、いずれも2期連続の減少。一方で海外投資家は1,860億円(同26%増)となり4四半期連続で前年同期を上回った。アセットタイプ別では、物流施設のみ同88%増となったほかは減少。主要アセットタイプではホテルの減少幅(同86%減)が最も大きかった。

 「不動産投資に関するアンケート 期待利回り」(調査期間9月9~30日、有効回答数124名)によると、東京の期待利回りは、オフィス(大手町)が3.35%(前期比横ばい)、商業施設(銀座中央通り)が3.35%(同横ばい)で推移。物流施設(マルチテナント)は4.30%(同5bps上昇)となった。このほか、賃貸マンション(ワンルーム)は4.13%(同3bps低下)、賃貸マンション(ファミリー、城南・城西)は4.20%(同3bps低下)、ホテル(運営委託型)は4.98(同1bps低下)となった。地方都市のオフィスについては、広島が8bps上昇し、仙台と大阪が低下した。

 2020年9月時点の東京Aクラスオフィスビルを対象としたCBRE短観については、「不動産取引量」がマイナス27(同19ポイント改善)、「売買取引価格」がマイナス23(同1ポイント悪化)、「NOI」がマイナス25(同2ポイント悪化)、「期待利回り」がマイナス19(同9ポイント悪化)、「金融機関の貸出態度」がマイナス1(同2ポイント改善)、「投融資取組スタンス」がプラス13(同1ポイント改善)となった。

 今後の見通しについては現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、物流施設への投資実績のない投資家も関心を寄せていることから、特に、地方圏においては市場が拡大しており、物流施設への投資拡大を見込む。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。