不動産ニュース / その他

2020/11/6

民泊の廃止理由、「収益が見込めない」が約半数

 観光庁は6日、住宅宿泊事業の廃止理由についての調査結果を公表した。調査対象は、2020年9月8日~10月18日の間に自治体に廃止の届け出があったもの。回答件数は289件。

 廃止理由で最も多かったのは「収益が見込めないため」で、20年11月全体の49.1%(前回調査:7.2%)を占め、前回と比較し大幅に増加した。次いで、「旅館業または特区民泊へ転用するため」18.0%(同:57.8%)、「他の用途へ転用するため(旅館業・特区民泊を除く)」8.3%(同:2.2%)となった。

 廃止の理由の中で新型コロナウイルス関連が占めた割合は、全体の51.9%だった。最も多かったのは、「収益が見込めないため」で、そのうちコロナ関連が94.4%を占めた。

 なお「その他」では、「事業を完全に廃業」(11.4%)が「事業継続の意思あり」(4.2%)を初めて上回った。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。