不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2020/11/11

再生事業は2ケタ減収/サンフロ21年3月期2Q

 サンフロンティア不動産(株)は10日、2021年3月期第2四半期決算(連結)を発表した。

 当期(20年4月1日~9月30日)は売上高321億6,400万円(前年同期比20.8%減)、営業利益56億6,700万円(同49.4%減)、経常利益53億8,400万円(同51.2%減)、当期純利益34億5,900万円(同54.1%減)の減収減益。

 主力の不動産再生事業は、売上高261億3,800万円(同26.6%減)、セグメント利益71億3,600万円(同41.9%減)。リプランニング事業の販売棟数が15棟(同9棟減)に減少。賃貸ビル事業もホテル事業からの賃料収入減少や、サブリース事業拡大に伴う支払い賃料の先行で利益が減少した。

 不動産サービス事業は、売上高17億700万円(同0.5%減)、セグメント利益11億4,100万円(同3.3%増)。プロパティマネジメント事業の受託棟数が403棟(同22棟増)と増加、期末稼働率は96.8%(同2.1ポイント減)となった。

 オペレーション事業は、売上高13万7,800万円(同49.2%減)、セグメント損失6億2,100万円(前年同期:セグメント利益2億700万円)。インバウンド客の急激な減少や一部ホテルの休館等の影響で、ホテル運営事業は売上高が減少。貸会議室事業についても、コスト削減等の対応をしたものの、売上、利益とも減少した。

 その他事業は、売上高34億9,800万円(前年同期比206.5%増)、セグメント利益9億6,400万円(同178.7%増)。海外事業においてベトナム・ダナンの高層分譲マンション「HIYORI Garden Tower」(306戸)の引き渡しを9月に完了。20年1~6月の引き渡し分について計上したことで、大幅な増収増益となった。

 通期予想は、売上高700億円(同4.4%減)、営業利益69億3,000万円(同58.2%)、経常利益65億円(同59.7%減)、当期純利益41億円(同61.6%減)を見込む。

 主力のリプランニング事業においては、平均事業期間がコロナ禍の影響により、490日(前年通期比81日増)と長期化していることから、事業リスクリターンの観点から、商品企画期間の短縮に取り組む。

 また、コロナ禍における新しいオフィスの在り方・働き方をサポートするサービスを展開し、事業を拡大する方針。同社が展開する貸会議室では、オンライン勤務に対応する機器の設置や、フレキシブルなスペースの設置等、新たなニーズに沿う新サービスの導入を推進。また、内装・什器等を備えた状態でリーシングする「セットアップオフィス」を強化するなどして企業の移転コスト軽減をサポートし、テナントの入居を促進させる。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。