不動産ニュース / 仲介・管理

2020/11/13

表参道の新本社を公開/リノベる

フリーアドレスのワークスペース。快適な環境で集中して業務に当たれるよう、窓際には個別作業用として設計

 リノべる(株)は12日、同社の新オフィス(東京都港区)をマスコミ向けに公開した。

 港区青山の築約50年の「たつむら青山ビル」の中に約730坪を賃借してリノベーション。2日に移転を行なった。東京メトロ「表参道」駅から徒歩5分、骨董通りに沿いに位置している。

 地下1階は工房とギャラリー、1階はエントランス。2・3階には、フリーアドレスのワークスペースのほか、応接・ミーティングのためのスペースや部屋を数多く用意した。3階は、協働パートナーや顧客との交流の場としても活用するため、セミナーなどを開催するためのステージや、飲食事業者に食料などを提供してもらうキッチンも設置。キッチンでは社員や来訪者を対象に、食事や軽食なども含めて朝から夕方まで飲食物を販売する。カタログや書籍を並べたライブラリーも用意した。

 正方形に近いビルの形を生かして、ビルの外壁に近い場所は主にワークスペースを配置。窓際には集中して作業ができるような席を配置した。コロナで在宅勤務を経験した社員たちから「家では集中して仕事ができない」との意見が多数聞かれたことから、家よりも居心地の良い場所、ワークスペースを提供するために、あえてそのような設計をしたという。
 フロアの中心部近くには、総務機能や備品収納スペースなどを配置し、人と人との交流が促進されるような工夫がなされている。

 今回の移転で、本社面積は約2.4倍に、従業員1人当たりの面積は1.6倍に拡大した。

 なお、同ビルマンション部分の1戸(約100平方メートル)は、フラッグシップショールームとして同時にオープン。IoTデバイスを連携させたスマートホーム事例として活用していく。

ミーティングルームは、応接兼ミーティングに活用する予定。さまざまな趣向の部屋が設置されている
フロアの中心部には、人の交流が促進されるような機能を配置。2階には、朝から夕方まで飲食物を提供する「キッチン」を用意した

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

電子書籍のみ販売中防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 550円(税込み・送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。