不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/11/20

保有物件の事故、5割の大家が「危機感ない」

 (株)ファーストロジックは20日、保有物件の事故に関する意識調査結果を発表した。調査期間は11月4~8日、有効回答数は202。

 「保有物件で事故が起きるかもしれないという危機感はあるか」との問いに、「あまり危機感がない」(30%)、「まったく危機感がない」(11%)、「気にしたことがない、考えたことがない」(6%)と、約5割の大家が「危機感がない」と回答した。一方で、「少し危機感がある」(46%)、「かなり危機感がある」(7%)も、約5割を占めている。

 事故に備えた対策については、「できていない」が29%、「分からない」が31%という結果に。事故が起こってしまったときに備え、保険に加入している大家が66%いたが、十分な管理や対策を実施できていないと感じている大家が多いことが分かった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

他社との差別化。どんな戦略が有効?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/5

月刊不動産流通2022年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2022」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。