不動産ニュース / 開発・分譲

2020/11/20

渋谷のコワーキングオフィスを増床/オリックス

「クロスオフィス渋谷」の拡大したコワーキングスペース

 オリックス(株)は20日、「クロスオフィス渋谷」(東京都渋谷区)をリニューアルオープンした。

 「クロスオフィス渋谷」は、同社の事業ブランド「クロスオフィス」シリーズの第1号として、2009年10月に開業したサービスオフィス。今回のリニューアルでは、8階のコワーキングスペースを106平方メートルから277平方メートルへと約2.5倍に増床。座席数も30席から80席へと拡大し、家具や内装などを全面刷新した。椅子などの柔軟な配置変更が可能で、内外でのコミュニティ形成や各種イベントスペースとして活用できる。また、活力やインスピレーションを与えるオフィス空間を提供するため、エントランス、ウェルカムラウンジ、コワーキングスペースに3点のアートも設置した。

 クロスオフィスは現在7拠点(渋谷2拠点、内幸町、三田、新宿、六本木、日比谷)を運営している。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

コワーキングオフィス

独立して働く人々が共同利用しながら働く事務所。そのような場所を「コワーキングスペース」ということもある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

他社との差別化。どんな戦略が有効?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/5

月刊不動産流通2022年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2022」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。