不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/11/26

23区マンション価格、21年は微増に

 (一財)日本不動産研究所(JREI)は26日、2025年までの、東京23区のマンション価格と賃料の中期予測を公表した。

 JREIが1998年から集計している東京23区の新築・標準タイプ(専有面積40~80平方メートル未満)のマンションの価格・賃料データ「住宅マーケットインデックス」を基に、マクロ計量モデルを構築し、東京23区のマンション価格と賃料を中期的に予測した。

 1平方メートル当たりのマンション価格は、20年が107万1,000円(前年比0.1%下落)と予測。新型コロナによるマクロ経済の停滞にもかかわらず、新築マンション供給が減少し、需要層の経済余力が減少していないこと等で、ほぼ横ばいとみている。21年は107万4,000円(同0.3%上昇)と、マクロ経済の反動増等により微増すると予測。22年は経済回復が続き、108万1,000円(同0.7%上昇)と上昇。以後、マクロ経済の上昇幅が低下する等によりほぼ横ばいの見込み。

 1平方メートル当たりのマンション賃料は、20年は3,441円(同変動なし)。コロナ禍でも個人収入の減少が即座に賃料へ影響を与えることはなく、ほぼ横ばいの見込み。21年も3,442円(同変動なし)と、個人収入の回復の弱含み等で横ばいと予測。22年は3,432円(同0.3%下落)、23年は3,430円(同0.1%下落)と、雇用者報酬が弱い回復程度を示す等で微減に。24年は3,436円(同0.2%上昇)、25年は3,442円(同0.2%上昇)と、マクロ経済の回復に伴い微増すると予測している。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

マンション

日本におけるマンションは、一般的には、鉄骨コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造で、3階建て以上の分譲共同住宅・賃貸共同住宅を指している。ただし、賃貸共同住宅の場合にはPC造・重量鉄骨造であっても、マンションと呼ばれることがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

YouTubeチャンネルで独自の動画を投稿! 自社ブランディングや集客で成果を上げる事業者を取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/1/12

「記者の目」更新しました!

『団地リノベ』も新たな生活様式に対応」配信しました。
近年、UR都市機構は、古い団地のリフォーム・リノベーションに力を入れています。今回は、「光が丘パークタウン」(東京都練馬区・板橋区)における、「家事ラク&ワークスペース」をコンセプトにしたリノベについて取材。その内容とは?