不動産ニュース / 開発・分譲

2020/11/30

大阪市浪速区で宿泊施設を着工/パナソニックH

宿泊施設の外観イメージ

 パナソニックホームズ(株)はこのほど、大阪市浪速区の幸町用地(北側)プロジェクトにおいて、コンドミニアム型の宿泊施設開発に着工した。

 同プロジェクトは、大阪市高速電気軌道(株)(Osaka Metro)との間で、宿泊施設の建築請負契約を締結。パナソニックホームズ不動産(株)が一括借上(マスターリース)するもの。

 敷地面積約502平方メートル。延床面積約2,970平方メートル、鉄筋コンクリート造地上14階建て。Osaka Metro 千日前線「桜川」駅徒歩1分に位置。

 総客室数は80室で、1室当たりの面積は31~36平方メートル。将来的な賃貸住宅への転用も見据え、キッチンやバスルーム、リビングも備えている。
 一定期間、宿泊施設として「特区民泊制度」(国家戦略特別区域法に基づく国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業)を活用する。

 2022年3月に竣工予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?