不動産ニュース / その他

2020/12/1

丸の内エリアで傘のシェアリングサービス

傘シェアリングサービス「アイカサ」

 (株)Nature Innovation Group、三菱地所(株)、三菱地所プロパティマネジメント(株)は1日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」のトライアル展開を、大手町・丸の内・有楽町エリアの9棟のビルで開始した。

 「アイカサ」は、2018年12月にサービスを開始した、日本初の本格的な傘のシェアリングサービス。全国800ヵ所以上ある「アイカサスポット」でレンタル・返却する仕組み。傘を借りたスポットに限らず、最寄りのスポットに返却することができる。

 専用アプリをダウンロードし、傘立てのQRコードを読み取るだけで、1日(24時間)70円(税込み、同月内上限税込み420円)で傘を利用することが可能。

 現在、日本では年間約8,000万本ものビニール傘が消費され、安易に廃棄された多くのビニール傘は環境問題となっている。同サービスの展開により、廃棄傘の削減に取り組み、SDGsに貢献していく考え。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

SDGs

国連が定めた世界が共通に達成すべき目標。SDGsは、英語のSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。