不動産ニュース / その他

2020/12/3

「彩都」のスマートシティ化へコンソーシアム

 阪急阪神不動産(株)は3日、(株)フォーシーカンパニー(東京都千代田区、代表取締役:中澤博司氏)、(株)ビットキー(東京都中央区、代表取締役:江尻祐樹氏・福澤匡規氏・寳槻昌則氏)、彩都(国際文化公園都市)建設推進協議会と共同で、「彩都スマートシティコンソーシアム」を設立すると発表した。

 今後同コンソーシアムを主体として、彩都(2004年にまちびらきした大阪府北部にあるニュータウン)にこれまで整備された共用施設等のハードや地域サービス等のソフト、コミュニティ基盤(会員組織やポータルサイト、共用施設、自治体連携など)を、テクノロジーと組み合わせることで、より安心・便利なスマートシティとして新しいライフスタイルを提供していく。

 20年12月からは、阪神阪急不動産が分譲したマンション等において、ビットキー技術を活用し、マンションエントランスの自動ドアを非接触で解錠できる顔認証システムを用いた実証実験を開始する。同システムを利用することで、鍵を取り出すことなく入館することが可能となる。
 また、専有部玄関扉にスマートロックを設置すれば、家事代行・宅配等外部サービス事業者に、マンションエントランスや専有部玄関扉の時限パス、ワンタイムパスを発行することができ、不在時を含め、非対面・非接触での外部サービスの利用も可能となるという。

  今後は25年開幕の大阪・関西万博に向けて、モビリティや決済サービスなどとの連携を含むサービス拡充を検討していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

スマートシティ

高度なICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)や環境技術などを使って、環境負荷、エネルギー、交通などを最適に制御するシステムを備えた都市をいう。あるいは、小さな環境負荷の下で都市機能・都市生活を展開することができる都市をいうこともある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?