不動産ニュース / その他

2020/12/4

物流施設でマスク着用を自動検知するシステム

左にあるカメラで来場者の顔を認識し、マスクをきちんと着用していないと下にあるビジョンにアラートが出る仕組み
カフェテリアの入り口等にもカメラを設置し、混雑状況を自動で検知。入口に設置したビジョンに情報をリアルタイムに映し出す

 大和ハウス工業(株)は4日、マルチテナント型物流施設「DPL市川」(千葉県市川市)において、NTTコミュニケーションズ(株)が提供するAI映像解析ソリューション「COTOHA Takumi Eyes(コトハ タクミ アイズ)」を活用した実証実験を開始した。

 カメラ映像から入館者のマスク着用の有無や、カフェテリア(約50席)の混雑度を自動で検知するもの。カメラを設置した玄関やカフェテリア入り口等を従業員等が通った際、マスクの着用がない場合や、混雑度が一定基準(利用会社で設定が可能)を超えた場合、モニターでアラートを表示。コロナ対策の注意喚起を行なっていく。実証実験は約2ヵ月を予定している。

 3日の記者会見で大和ハウス工業建築事業本部営業統括部Dプロジェクト推進室室長の井上一樹氏は「テナント向けサービスを拡充したいと考え、今回の実証実験に至った。2ヵ月後の検証結果次第で、本格利用や他施設への導入を検討していく」と述べた。

 「DPL市川」は、敷地面積3万6,348.10平方メートル、賃貸面積6万8,769.48平方メートル、地上5階建て。東関東自動車道「湾岸市川IC」からは約1.5kmに位置している。2016年6月に開業した。現在満床状態で、テナントの従業員数は合計で約250人。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。