不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/1/8

20年の賃貸仲介売上、過半数が「減った」

 リーシング・マネジメント・コンサルティング(株)は7日、「2020年新型コロナによる賃貸不動産仲介会社への影響調査」および「2021年引っ越しシーズン(繁忙期)の動向予測調査」結果を公表した。

 20年11月20日~12月18日に実施した首都圏の賃貸仲介会社325社に対するアンケート等を基に集計した。

 19年に比べ20年の店舗売上については、過半数が「減った」と回答。中には「3~4割程度減った」「5割以上減った」との回答もあり、全体として減少基調だった。一方、22.1%は「増えた」と答えた。
 コロナ禍に伴う新たな設備・サービスの導入については、「導入した」が41.8%と、前回調査(14.7%)から大幅に増加した。導入したサービスの多くは非対面接客に関わるものだった。
 顧客の動きを属性別(法人・ファミリー・学生・外国人)に聞くと、法人は「減った」が過半数を占めた。大手企業の新卒採用抑制や転勤の見送りが影響したと見られるとした。ファミリーは「変わらない」が43.1%と最多で、「増えた」との回答も一定数あることから、法人に比べコロナ禍の影響が少ないことが分かった。学生は、「減った」が最多で、大学等のオンライン授業の増加が影響している、とした。

 21年繁忙期の動向予測については、個人客・法人客ともに問い合わせ、内覧、申し込みそれぞれが「減る」と回答した仲介担当者が多かった。
 新たな集客方法を図っていく予定があるかとの問いには、22.5%が「ある」が回答。内容は「ポータルサイト掲載の質の強化」が24.6%でトップだった。一方、新たな接客方法を工夫するかについては、23.7%が「ある」と回答。内容は「オンライン(接客・内覧)の推進」が45.2%で最多だった。

 業務上困っていることについては、「単純に来客と内覧が減り資料等をメールだけで請求されることが増え、物件の魅力を伝えるという点においてかなり難しくなっている」「お客さまに顔と名前を覚えてもらいづらい、同時にお客さまもマスク姿で顔が覚えにくく、営業がしづらい」等の声が挙がった。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

YouTubeチャンネルで独自の動画を投稿! 自社ブランディングや集客で成果を上げる事業者を取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/1/12

「記者の目」更新しました!

『団地リノベ』も新たな生活様式に対応」配信しました。
近年、UR都市機構は、古い団地のリフォーム・リノベーションに力を入れています。今回は、「光が丘パークタウン」(東京都練馬区・板橋区)における、「家事ラク&ワークスペース」をコンセプトにしたリノベについて取材。その内容とは?