不動産ニュース / 開発・分譲

2021/1/12

沖縄最大のマルチテナント型物流施設を開発/大和ハ

「DLP沖縄豊見城」「DLP沖縄豊見城II」イメージ図

 大和ハウス工業(株)は12日、沖縄県で最大規模のマルチテナント型物流施設「DLP沖縄豊見城」「DLP沖縄豊見城II」(沖縄県豊見城市)を開発すると発表した。

 那覇空港から約5km、浦添ふ頭から約11kmのエリアに、2棟構成で開発する。「DLP沖縄豊見城」は敷地面積約2万9,762平方メートル。鉄骨造2階建て、延床面積3万9,970平方メートル。2月1日に着工し、2022年3月14日に竣工する予定。「DLP沖縄豊見城II」は敷地面積約5万3,273平方メートル。鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄骨造3階建て、延床面積約8万3,201平方メートル。4月1日に着工し、22年8月31日に竣工する予定。

 いずれも貸床面積7,000平方メートルから、最大13テナント(DPL豊見城:4社、DPL豊見城II:9社)が入居可能。冷凍・冷蔵・定温(15~20度)、常温の4温度帯に対応する。また、テナント企業の従業員が仕事と子育てを両立できるよう、施設内には保育所を設置する。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

BTS型・マルチテナント型(物流施設の〜)

物流施設の種類は、その性格によって、大きくBTS型とマルチテナント型に分けることができる。(1)BTS型特定のテナントの要望に応じてオーダーメイドで建設され、賃貸される物流施設。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年4月号
不動産実務に役立つ情報が満載!未だコロナ禍が継続中。2021年の不動産市場は、どうなるのでしょうか?アナリストによる分析を是非ご覧ください。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/3/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2021年4月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「どうなる?2021年の不動産市場」。今年も、マンション、賃貸住宅、オフィス、リゾート等、さまざまな分野のアナリストに、市場動向を予測していただきました。ぜひご覧ください。