不動産ニュース / 開発・分譲

2021/2/2

名古屋でレンタルオフィス拡充/TKP

 (株)ティーケーピーは、同社100%子会社の日本リージャスホールディングス(株)が、「リージャスKDX名古屋駅前ビジネスセンター」(名古屋市中村区)と、「リージャス大名古屋ビルヂングビジネスセンター」(名古屋市中村区)を、オープンすると発表した。

 名古屋市内のレンタルオフィス需要の高まりを受け拡充する。これにより、市内のリージャスは11施設となる。

 「リージャスKDX名古屋駅前ビジネスセンター」はJR・地下鉄・私鉄各線「名古屋」駅徒歩2分に立地。総面積569平方メートル。ビルの13階に位置する「TKP名駅東口カンファレンスセンター」をコンバージョンしたもので、ラウンジスぺースをはじめ、プライベートタイプの個室・半個室オフィス、シェアオフィス、ミーティングルームなどを用意する。オフィス家具、各種機器、Wi-Fi回線に加え、受け付けや清掃など、各種サポートサービスも提供する。
 オープンは2021年3月の予定。

 「リージャス大名古屋ビルヂングビジネスセンター」はJR・地下鉄・私鉄各線「名古屋」駅直結。34階建ての「大名古屋ビルヂング」の25階にあるレンタルオフィス・コワーキングスペースで、このほど11階を増床した。総面積は2,479.34平方メートル。
 オープンは21年10月の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

コンバージョン

建物の用途を変更すること。例えば、空きオフィスを集合住宅に変更する、社員寮を有料老人ホームに変更する、というような変更を指す。構造、設備、防災法規など、法的、技術的にクリアしなければならない点も多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。