不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/2/4

東京都心部Aクラスビル、賃料が大幅下落

 三幸エステート(株)は4日、(株)ニッセイ基礎研究所と共同開発した成約賃料に基づくオフィスマーケット指標「オフィスレント・インデックス」(2020年第4四半期〈20年10~12月〉版)を公表した。

 東京都心部のAクラスビル(延床面積1万坪以上、基準階床面積300坪以上、築年数15年以内)の坪当たり賃料は、3万4,669円(前期比3,379円下落)と大幅に下落した。募集面積の増加に伴い、先行きの市況に対する警戒感が強まっていることが背景にある。空室率も1.6%(同1.0ポイント上昇)と大幅な上昇。9期ぶりに1%を上回った。新築ビルに移転したテナントの二次空室で後継テナントが決まらないケースが増えている。

 Bクラスビル(基準階面積200坪以上でAクラスに含まれないビル)は、坪当たり賃料は2万432円(同961円下落)と、5期連続で下落と低下傾向が継続している。空室率は1.5%(同0.7ポイント上昇)と3期連続の上昇となった。

 Cクラスビル(基準階面積100坪以上で200坪未満、築年数制限なし)は、坪当たり賃料が1万6,882円(同1,291円下落)と、3期連続で大幅な下落となった。空室率は2.9%(同1.0ポイント上昇)と、3期連続の上昇。ABクラスビルよりはテナントの動きはあるが、需要回復には時間を要しており、空室率の上昇傾向は継続するとみられる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

他社との差別化。どんな戦略が有効?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/5

月刊不動産流通2022年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2022」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。