不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/2/16

一人暮らしの防犯「モニタ付インターホン」が8割超

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は16日、「不動産のプロが選ぶ!『防犯を気にする人が見るべきポイント』ランキング」を発表した。全国のアットホーム加盟店981店を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施。調査期間は、2020年11月18~24日。

 一人暮らしで防犯を気にする人が見るべきポイントとして、不動産のプロの8割以上が「モニタ付インターホン」(84.3%)を挙げた。不在時に誰が来たか確認できる録画機能付きのカラーモニターを挙げる声もあった。2位は「オートロック」(69.4%)、3位は「防犯カメラ」(52.3%)。「オートロック」については、「奥まった場所や位場所に設置されていないか」「せっかくオートロックが付いていても、1階の廊下に柵がない場合がある」など、設置場所・設置状況で注意すべき点について多くのコメントが寄せられた。
 また、セキュリティ重視の人がこだわる条件としてよく挙げられる「2階以上」(47.0%)は4位。「1階でもバルコニーがあると防犯上良い」「1階にはシャッターがあると防犯に良い」「1階の物件は各窓に二重ロックが必須」など、他の防犯設備との合わせ技で対策できるとするコメントも見られた。

 そのほか、住まいの防犯に関するアドバイスとして「道路から玄関までのロケーションや見渡しやすさ、死角がないかなどを確認する」「物件を見るときは昼間だけでなく、夜間かつ周辺状況の確認をしたほうが良い」「洗濯物が外から見えるように干さない」「共用部や物件周辺がきれいに保たれているかどうかを確認すると良い」などが挙がった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

オートロック

ドアを閉じると自動的に施錠するしくみ。和製英語で、英語ではautomatic door lock(オートマチック ドア ロック)が一般的。マンションの出入口、ホテルの部屋などで使われている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。