不動産ニュース / イベント・セミナー

2021/2/22

事業承継、M&Aをテーマにセミナー/CCIM

 (一社)CCIM JAPANは19日、「不動産業界も知っておくべき、基礎から学ぶ『事業承継・M&A』」をテーマにトークセッションを実施。約50名が視聴した。

 ダイエパートナーズ会計事務所代表/税理士の辻本雅俊氏が解説。「仕事に携わる中で、事業承継やM&Aという言葉に触れる機会が増えたと感じている方は多いと思う。事業承継やM&Aの概要や不動産業界との関わりについて理解し、今後のビジネスに生かしていただければ」と話した。

 まず、中小企業庁の「事業承継ガイドライン」をもとに、企業の「後継者の決定状況」「廃業企業の廃業理由」について説明。事業形態別の廃業予定者割合は、法人経営者が3割、個人事業主が7割であるとした。その理由は、「当初から自分の代でやめようと思っていた」(38.2%)、「事業に将来性がない」(27.9%)が多く、「子どもに継ぐ意思がない」「子どもがいない」「適当な後継者が見つからない」が約3割を占めている。

 事業承継については、「親族内承継」と「親族外承継」、さらに「親族外承継」は「MBO(役員・従業員)」「M&A(第三者)」に分け解説。「親族内承継」は、「後継者として受け入れやすい」「会社を完全に手放さなくて済む」というメリットがあるが、「株式買取資金の捻出や税金対策が必要なケースがあり、相続対策が重要になってくる」(同氏)とした。「MBO」では、メリットを「後継者候補の選択肢が広がる」「比較的引き継ぎが容易」とし、「個人保証を入れる覚悟がいる」「他の役員・従業員が嫉妬するケースも」などのデメリットを示した。「M&A」については、メリットとして「会社売却による利益獲得」「株式譲渡金額について交渉が可能」があるとし、「『承継相手を一から探す必要がある』『経営理念・経営方針が変わっていく可能性がある』などのデメリットを把握しておくことが重要」(同氏)とアドバイスした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

サブリース事業のガイドラインの概要やポイントを分かりやすく解説! 対応する事業者の取り組みも紹介します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/3/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.378 デンマーク人が最も大切にしている価値観 “ヒュゲ”【デンマーク】」配信しました。
最近、何かとメディアで取り上げられる「ヒュゲ(ヒュッゲ)」。とはいえ、実際にどういった意味なのか、説明できる人は少ないかもしれません。発祥元となるデンマークで暮らすライターが、デンマーク人の暮らしや思想を紐解きながら、「ヒュゲ」について説明します。