不動産ニュース / イベント・セミナー

2021/2/22

事業承継、M&Aをテーマにセミナー/CCIM

 (一社)CCIM JAPANは19日、「不動産業界も知っておくべき、基礎から学ぶ『事業承継・M&A』」をテーマにトークセッションを実施。約50名が視聴した。

 ダイエパートナーズ会計事務所代表/税理士の辻本雅俊氏が解説。「仕事に携わる中で、事業承継やM&Aという言葉に触れる機会が増えたと感じている方は多いと思う。事業承継やM&Aの概要や不動産業界との関わりについて理解し、今後のビジネスに生かしていただければ」と話した。

 まず、中小企業庁の「事業承継ガイドライン」をもとに、企業の「後継者の決定状況」「廃業企業の廃業理由」について説明。事業形態別の廃業予定者割合は、法人経営者が3割、個人事業主が7割であるとした。その理由は、「当初から自分の代でやめようと思っていた」(38.2%)、「事業に将来性がない」(27.9%)が多く、「子どもに継ぐ意思がない」「子どもがいない」「適当な後継者が見つからない」が約3割を占めている。

 事業承継については、「親族内承継」と「親族外承継」、さらに「親族外承継」は「MBO(役員・従業員)」「M&A(第三者)」に分け解説。「親族内承継」は、「後継者として受け入れやすい」「会社を完全に手放さなくて済む」というメリットがあるが、「株式買取資金の捻出や税金対策が必要なケースがあり、相続対策が重要になってくる」(同氏)とした。「MBO」では、メリットを「後継者候補の選択肢が広がる」「比較的引き継ぎが容易」とし、「個人保証を入れる覚悟がいる」「他の役員・従業員が嫉妬するケースも」などのデメリットを示した。「M&A」については、メリットとして「会社売却による利益獲得」「株式譲渡金額について交渉が可能」があるとし、「『承継相手を一から探す必要がある』『経営理念・経営方針が変わっていく可能性がある』などのデメリットを把握しておくことが重要」(同氏)とアドバイスした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。