不動産ニュース / IT・情報サービス

2021/3/2

共用施設の鍵管理に宅配ボックスを活用

 (株)つなぐネットコミュニケーションズと、宅配ボックス専業メーカーの日本宅配システム(株)は2日、マンション共用施設の予約等の利便性を高める新サービスの提供を開始すると発表した。

 つなぐネットが提供するマンション管理組合の運営に特化したグループウェア「Mcloud(エムクラウド)」と、日本宅配システムの宅配ボックスと連動したオンラインサービス「J-シェアー」とを連携。居住者がMcloud上でゲストルームやパーティルームといった共用施設を予約すると、J-シェアーに予約情報を連携、宅配ボックスから予約した施設の鍵を受け取り・返却ができ、鍵の受け渡しに管理員やコンシェルジュを介する必要がなくなる。また、J-シェアーが提供するレンタサイクルサービスを利用することもできる。

 管理組合や管理会社にとっては、鍵の貸し出し管理をデジタル化することにつながり、共用施設を24時間出入り可能にもできるため、稼働率向上にもつながる。

 同サービスは、3月下旬に発売予定の「Brillia Tower 聖蹟桜ヶ丘 BLOOMING RESIDENCE」(東京都多摩市、総戸数520戸、売り主:東京建物(株)・(株)東栄住宅・京王電鉄(株)・伊藤忠都市開発(株))に導入が決定している(同マンションのニュース)。

 他の新築分譲マンションへの導入を進めるほか、管理会社や管理組合を通じて既存マンションへの提案も積極的に行なっていく予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

宅配ボックス・宅配ロッカー

不在時に荷物などを受け取るための設備。配達人がロッカーに荷物を入れると鍵がかかり、荷宛人は暗証番号や認証カードを用いて受け取る。宅配ボックスは、一般に、マンションの共用部分に設置されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。