不動産ニュース / その他

2021/3/23

ホテル等活用し、新たなワークスタイル提案

「DORMY」居室イメージ

 (株)共立メンテナンスは22日、ビジネスホテル「dormy inn」、リゾートホテル「共立リゾート」、社員寮「DORMY」をオフィスとして活用する新サービスの提供を開始した。

 全国85施設を展開するdormy innは、「住むホテル」をコンセプトに「都市型ワーケーション」を提供。出張で滞在が必要な際には「ウィークリー」「マンスリー」、長期滞在できる「ロングステイ」などのプランを用意している。「ドーミーイン・global cabin浅草」(東京都台東区)のマンスリー30(30~89泊)の場合の料金は、1泊当たり5,000円。

 共立リゾート34施設のうち、北海道「ラビスタ函館ベイ」(北海道函館市)と沖縄県「ザ・ビーチタワー沖縄」(沖縄県中頭郡)の2施設では、「リゾート型ワーケーション」を提供。都会の喧騒から離れ、自然豊かなリゾート地で、リラックスしたミーティングや家族サービスを兼ねたワークライフスタイルを楽しめる。7泊プラン・1室1人当たりの料金は、1泊当たり6,600円。

 全国208棟を展開する社員寮「DORMY」のうち、「ドーミー武蔵境」(東京都武蔵野市)、「ドーミー西葛西6」(東京都江戸川区)、「ドーミー南浦和」(埼玉県さいたま市)の3施設で、「安全・安心・リーズナブルなワークスペース」を提供。自宅から近くのスペースを書斎代わりに利用することで、公共交通機関を避け仕事を行なうことができる。「ドーミー武蔵境」「ドーミー南浦和」のマンスリープランの料金は、1日当たり2,700円、30日当たり8万1,000円。「ドーミー西葛西6」は、1日当たり3,000円、30日当たり9万円。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。