不動産ニュース / その他

2024/4/25

東急不、日本企業で初めて「RE100」認定

 東急不動産ホールディングス(株)は25日、グループの中核企業である東急不動産(株)が国内の事業会社で初めて「RE100」の認定を受けたと発表した。

 同社は2022年12月1日付で、事業所と保有するオフィス・商業施設・ホテルなど全204施設を再生可能エネルギー電力に切り替えた。国際イニシアチブ「RE100」に対して、22年12月1日から23年11月30日の1年間の再エネ利用実績を報告し、正式な審査を受けた結果、目標を達成したことをRE100事務局から認定された。

 RE100事務局によると、日本の事業会社では、金融機関を除き初認定になるという。事務局が発行した開示報告書では日本における先進企業として取り上げられた。

 同社は大規模施設を多く保有しながら、1.7GW超の再エネ発電能力を持つ再生可能エネルギー事業を展開。1年間の再エネ電力使用量は約3億kWhであり、約98%が自社グループの再エネ発電所で発電したものとなった。一般家庭約6万9,000世帯分の年間CO2排出量に相当する年間13万tのCO2排出を削減することになる。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

RE100

事業活動のために消費するエネルギーの全てを再生可能エネルギーとする国際的な取り組み(イニシアティブ)。RE100は「Renewable Energy 100%」の略である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。