不動産ニュース / 開発・分譲

2021/4/1

大和ハ、再エネ電気100%の複合開発が竣工

「船橋グランオアシス」全景

 大和ハウス工業(株)は1日、2018年より開発を進めてきた大規模複合開発「船橋グランオアシス」(千葉県船橋市)が完成したと発表した。

 「AGCテクノグラス中山事業場」の跡地に分譲マンション(総戸数571戸)、賃貸住宅2棟(低層39戸、中高層223戸)、戸建分譲(26区画)、商業施設(13店舗)を整備したプロジェクト。東武アーバンパークライン「塚田」駅より徒歩4分で、事業面積は東京ドーム約1.2個分に当たる57,456.19平方メートル。敷地面積は47,601.38平方メートル。総事業費約260億円。

 分譲マンション「プレミスト船橋塚田」は、鉄筋コンクリート造地上11階建て。専有面積57.25~85.57平方メートル、間取りは2LDK~4LDKの68プランと幅広く用意。中庭やフィットネスルームなど多様な共用施設を備えている。

 中高層賃貸マンション「ロイヤルパークス船橋」は鉄筋コンクリート造地上11階建て。専有面積31.50平方メートルのワンルームから、128.75平方メートルの3LDKまで25プランを用意した。こちらもフィットネスルームやパーティルームなど多様な共用施設を設えた。低層賃貸マンションは、軽量鉄骨造地上3階建ての4棟構成。専有面積は29.02~78.69平方メートル、間取りはワンルーム~3LDK。

 戸建分譲「セキュレア船橋グランオアシス」は、全住戸に太陽光発電システムや家庭用リチウムイオン蓄電池等を搭載した。

 各住宅や共用部・街灯で使用する電気については、同社環境エネルギー事業部を通じてすべて再エネ電気で賄うだけでなく、施工時の工事用電源にも再エネ電気を利用した。供給する再エネ電気は、同社グループで管理運営する菅沼水力発電所(岐阜県飛騨市、発電出力約2MW)で発電した電気を中心に供給する。

 また、各住宅においても環境負荷低減に向けた取り組みを実施していく。分譲マンションでは、使用電力量が増加する時間帯に太陽光発電で蓄電池に貯めた電力を放電する、ピークカット対策を自動的に実施。戸建分譲では、AIを使ったエネルギーマネジメントシステムを採用し、戸建住宅間での電力融通を行なう。

この記事の用語

再生可能エネルギー

短期間に再生し、あるいは消滅しない燃料源から取り出されるエネルギーをいう。そのような燃料源として、太陽光、風、流水、植物・バイオマス、地熱などがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。