不動産ニュース / イベント・セミナー

2021/4/9

住宅LA養成講座、19日から受講申込受付スタート

 (一財)住宅金融普及協会は9日、2021年度第1回「住宅ローンアドバイザー養成講座」の開催概要を発表した。

 顧客が適切な住宅ローンを選択できるよう商品の特性やリスク等をアドバイスする人材を育成する。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今回はWeb講習と会場での効果測定試験を実施する「Aコース」のみ募集する。

 受講者の募集は4月19日~6月18日。効果測定日は、7月13・14・15日のうちいずれか。会場は全国主要都市の40会場。合格発表は8月27日の予定。

 受講料は2万3,100円(テキスト、効果測定料含む)。申し込みは住宅ローンアドバイザー専用サイトより。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

住宅ローン

個人に対する住宅資金の融資をいう。主として民間の金融機関が担っているが、その円滑な実施などのため、(独)住宅金融支援機構(住宅金融公庫の廃止後、その機能の一部を引き継いだ組織)と連携することが多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。