不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/4/9

コロナでオフィス「縮小」4.9%。「拡大」も4.1%

 (株)帝国データバンクは9日、2021年3月の「新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査」の結果を発表した。

 同調査は20年2月より毎月実施しており、今回で14回目。調査は3月18~31日、全国2万3,703社を対象に実施し、有効回答数は1万1,261社。

 新型コロナウイルスによって自社の今後の業績にどのような影響があるかを聞いたところ、「すでにマイナス影響が出ている」「今後マイナスの影響を見込む」を合わせ「マイナスの影響がある」と回答したのは74.5%(前月比1.8ポイント減)と、わずかながら減少した。「今後」に限れば7.6%(同0.6ポイント減)と、2ヵ月連続の1ケタとなっており、先行き不透明感は緩みつつある。また、「すでに」「今後」を合わせた「プラスの影響がある」については4.9%(同0.8ポイント増)となり、2ヵ月ぶりに増加した。

 業種別に「マイナス」と回答した割合は、「ホテル・旅館」で100%、「飲食店」で91.5%、「広告関連」で91.2%となった。

 コロナの影響による自社のオフィス面積の拡大・縮小については、「変わらない」が85.6%で最も多かった。「拡大する(した)」は4.1%、「縮小する(した)」は4.9%。ただし、従業員1,000人超の企業では、18.1%が縮小を予定していることが明らかになった。

 業種別に「拡大する(した)」割合をみると、「自動車・同部品小売」が12.2%で最も多く、以下「情報サービス」9.7%、「家電・情報機器小売」9.4%で続いた。一方、「縮小する(した)」のは「広告関連」が20.6%、「医薬品・日用雑貨品小売」18.9%、「飲食店」16.9%となった。

 同社では、「感染防止に向けてオフィスの増設や拡張を行なう企業がある一方で、在宅勤務推進や業績悪化による固定固定削減を目的に縮小する企業も出てきている」と分析した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。