不動産ニュース / 仲介・管理

2021/4/21

国内リゾート物件仲介にエージェント制導入

 リストインターナショナルリアルティ(株)は21日、国内の各店舗で「不動産エージェント制度」を開始した。

 同社は、最初の緊急事態宣言が発動された2020年4月以降、富裕層向け国内リゾート物件への需要が増加したことから、遠方での物件案内や顧客対応が柔軟にできる体制について検討してきた。リストグループでは、フレックス制度の導入やテレワーク勤務などこれまでも柔軟な働き方を実施してきたほか、海外店舗ではエージェント制度を導入してきた。そこで、国内店舗でもエージェント制度を採用することでさらに働きやすい環境を整え、対応可能エリアを拡大しユーザーの利便性を高める狙い。

 登録エージェントは、同社が取り扱う富裕層向け国内リゾート物件を中心に、その売買仲介業務を担う。働き方は、「現地案内や現地調査を担当する契約」「顧客紹介から契約締結までの不動産売買契約における一連の業務を担当する契約」の2パターンから選択する。

 同社は、リストグループが持つネットワークやノウハウ、教育プログラムの提供などでエージェントをサポートする。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。