不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/4/28

既存戸建住宅の購入価格、調査以来の最高値に

 国土交通省は28日、令和2年度住宅市場動向調査(令和元年度分)の結果を発表した。

 2019年4月から20年3月に住み替え、建て替え、リフォームを行なった世帯を対象に、注文住宅、分譲住宅、既存住宅、民間賃貸住宅、リフォーム住宅に分けて調査。01年度より毎年実施しており、今回が20回目の調査。

 住宅の平均購入価格と年収倍率については、既存戸建住宅は2,894万円(前年度比11.9%上昇)・3.81倍(同0.22ポイント上昇)で、購入価格は調査開始以来過去最高となった。注文住宅は5,359万円(同5.3%増)・6.67倍(同0.16ポイント上昇)、分譲戸建住宅は3.826万円(同0.6%下降)・5.32倍(同0.29ポイント下降)、分譲マンションは4,639万円(同4.0%上昇)・5.28倍(同0.31ポイント下降)、既存マンションは2,263万円(同17.6%下降)・3.29倍(同0.7ポイント下降)。既存マンションでは購入価格・倍率ともに下降が目立つが、他は前年度比ではおおむね横ばいとなった。

 住宅選択の理由は、注文住宅取得世帯では「一戸建てだから」(44.1%)がトップ。分譲戸建住宅取得世帯では「新築住宅だから」(64.4%)、分譲マンション取得世帯では「住宅の立地環境が良かったから」(69.4%)がトップに。既存戸建住宅取得世帯、既存マンション取得世帯ではいずれもトップは「価格が適切だったから」(56.0%・67.1%)であった。民間賃貸住宅入居世帯もトップは「家賃が適切だったから」(54.5%)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。