不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/5/13

土地活用検討者、40・50歳代が過半数

 (株)NTTデータ・スマートソーシングは12日、土地活用検討者を対象に調査したアンケート調査結果を発表した。土地活用一括プラン請求サービス「HOME4U土地活用」を利用したユーザーを対象に実施したもので、調査時期は2019年4月から21年3月、有効回答数は19年度が5,308人、20年度が6,044人。

 検討している土地活用の方法については、20年の1位は19年に引き続き「アパート・マンション」で、約69.5%の人が選択している。以下、「駐車場」、「戸建賃貸」と続いた。

 土地活用の目的についても、トップは19年と変わらず「安定収入」。続いて、「老後の収入」「建て替え」の順となった。

 土地活用を検討している年代については、1位が50歳代(30%)、2位が40歳代(24%)となり、この世代で過半数を占めている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。