不動産ニュース / 開発・分譲

2021/5/18

大阪・箕面の駅前交通広場の整備事業者に選定/東急不

開発のイメージ

 東急不動産(株)は18日、大阪・箕面市が実施した「箕面萱野駅前交通広場の上空立体利用(土地賃貸借契約)等にかかる提案募集」に応募し、事業者に選定されたと発表した。

 2023年に北大阪急行南北線の延伸により開業予定の新駅「箕面萱野」駅は1日2万8,000人の乗降者数が見込まれているほか、新駅開業に合わせてバスターミナルが整備され、バス路線の大幅な見直しも計画されている。

 同社は、箕面の山並みと交通広場への自然光の取り込みに配慮しながら、隣接するかやの広場や千里川といった豊かな自然環境を最大限に生かすプランニングを提案。駅ビルと高架下店舗を整備する。

 駅ビルは敷地面積約2,200平方メートル、延床面積約5,500平方メートル、地上3階建てとし、店舗やバスターミナルで構成する。高架下店舗は、敷地面積約1,000平方メートル、延床面積約900平方メートル、地上1階建て。広場のにぎわいの起点となるオープンカフェや駅ビルと広場をつなぐ大階段も計画している。

 竣工は24年3月の予定。同社が隣接地で開発した大規模商業施設「みのおキューズモール」との調和を図りながら、開発を進めていく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

市街地再開発事業

都市計画で定められた市街地開発事業の一つで、市街地の合理的で高度な利用と都市機能の更新を目的として実施される事業をいう。既成市街地において、細分化されていた敷地の統合・共同化、共同建築物の建設、公共施設の整備などを行なうことにより、都市空間の高度な利用を実現する役割を担う。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/1

「海外トピックス」更新しました!

ロサンゼルス国際空港、半世紀ぶりの大改修【アメリカ】」を配信しました。
2028年にオリンピックの開催が予定されるロサンゼルス。その玄関口であるロサンゼルス国際空港は、鉄道やモノレールの乗り入れがなく、近辺にレンタカー店さえないなど、観光客にとってはきわめて不便な造りになっているそう。そこで現在、およそ半世紀ぶりとなる大規模なリニューアル工事が進められています。