不動産ニュース / 開発・分譲

2021/5/21

ZEB化の効果検証。エネルギー消費量は大幅減/奥村組

ZEB化改修した奥村組技術研究所管理棟

 (株)奥村組は20日、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化改修した自社オフィスビルについて、運用段階における省エネルギー効果の検証結果を公表した。

 同社はZEBの実現・普及に向け、(一社)環境共創イニシアチブが公募したZEBプランナーに申請、2018年2月に認定登録された。さらにZEBプランナーとして、自社オフィスビルである奥村組技術研究所管理棟(1986年竣工)をZEB化改修し、2020年2月に供用開始。同ビルをZEB実証施設とし、導入した設備システムの省エネ効果やエネルギー消費量の実態把握、より効果的な運用方法などを検証してきた。

 同ビルの20年度(20年4月~21年3月)のエネルギー消費量は、基準建築に対して84%減を達成。設計値の76%減を上回る結果を得られた。特に、自動調光型のタスク・アンビエント照明の運用にあたり、執務者へのアンケート結果に基づき照度の適正化を図ったことで、照明設備のエネルギー消費量を大幅に削減できたという。
 また、執務者を対象に室内環境の満足度を調査したところ、9割近くが改修前に比べて快適になったと回答した。

 今後は、ウェルネスの観点も併せて、さらに検証を進める計画。また、BCPの観点から、蓄電システムの新設も予定しており、これらの検証および結果を今後も継続公表していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。