不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/6/3

景気DI、4ヵ月ぶりに悪化

 (株)帝国データバンク(TDB)は3日、2021年5月の「TDB景気動向調査」の結果を発表した。有効回答数は1万1,242社。

 同月の景気動向指数(景気DI:0~100、50が判断の分かれ目)は37.5(前月比0.8ポイント低下)と4ヵ月ぶりに悪化した。緊急事態宣言や人流抑制などの感染拡大対策が幅広い業種に影響を与えた。今後も下振れリスクがあり一時的には悪化するものの、徐々に上向いていくと予想している。

 業界別では、10業界のうち「建設」「製造」など8業界が悪化した。改善したのは「農・林・水産」と「金融」の2業界のみだった。

 「不動産」は39.4(同1.4ポイント低下)となり、4ヵ月ぶりに低下に転じた。回答した企業からは「不透明感はあるが不動産投資の需要は堅調」(建物売買)といったポジティブなコメントが挙がる一方、「飲食テナントを含め、店舗やバックオフィス・分室の解約が続いている。新築オフィスの竣工が続きテナント獲得競争が激化している」(不動産管理)、「賃料減額の要請を受けている」(貸事務所)といったネガティブな声も目立った。

 「建設」は、40.0(同1.4ポイント低下)と2ヵ月連続の低下。米国住宅着工の増加や輸送コンテナ不足などから木材など建材不足が発生し、住宅着工関連業種で工事遅延や仕入れ単価上昇などの影響がみられた。

 企業規模別では、「大企業」「中小企業」「小規模企業」が揃って悪化した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。