不動産ニュース / 団体・グループ

2021/6/4

不動産学会、再エネ拡大に向けてシンポジウム

 (公財)日本不動産学会は4日、2021年度春季全国大会シンポジウムをZoomによるオンライン形式で開催した。

 今回のテーマは「再生可能エネルギーと地域づくり」。東日本大震災における原発事故後のエネルギー問題への対応や気候変動対策として注目されている再生可能エネルギー(再エネ)は、エネルギーの地産地消につなげやすいため、不動産開発等で先進的な取り組みがみられる。一方で、想定外の地域に大規模な発電施設が設置されるなど、地域の土地利用計画や環境・景観に対する課題も少なくない。事例紹介を通じて今後の再エネ導入促進策について論じた。

 認定NPO法人環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也氏が、「再生可能エネルギーの導入による地域づくりの未来~国内外の取り組みを通して~」と題して基調講演。飯田氏は、風力発電と太陽光発電が増加する世界的なエネルギー動向を紹介しつつ、デンマークをはじめとした再エネ先進国の技術や規制・ルールといった取り組みについて紹介。日本でも太陽光発電が今後もポテンシャルを秘めているとしながら、高度な政策の実行力が課題だとした。

 その後、東京工業大学環境・社会理工学部特別研究員、麗澤大学経済社会総合研究センター客員研究員の長岡 篤氏をコーディネーターに、飯田氏や同学会会長である千葉商科大学学長・東京工業大学名誉教授の原科幸彦氏、日本大学経済学部教授の安藤至大氏、専修大学法学部教授の高橋寿一氏、(株)住環境計画研究所代表取締役会長の中上英俊氏をパネリストとしたパネルディスカッションも実施。
 各パネリストが自身の研究成果を発表した後、再エネを地域づくり生かすための方法や、地域経済への波及という観点も含めた再エネ拡大の方法および各主体の責任について意見交換した。各パネリストからは、再エネ発電施設立地のゾーニングや、賦課金も含めた国民の理解、政策のリーダーシップなど、さまざまな視点から意見が交わされた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。