不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/6/8

住宅ローン控除、既存購入者の築浅誘導に一定の効果

 (一社)不動産流通経営協会は8日、「中古住宅購入における住宅ローン利用等実態調査」の結果を公表した。

 消費者の既存住宅購入行動における、住宅ローン控除の築年数要件の効果を検証したもので、調査対象は、2018~20年に既存住宅を購入した全国の20歳以上の男女。有効サンプル数は2,393件で、そのうち既存一戸建て購入者が1,357件、既存マンション購入者が1,036件。

 既存住宅を購入した際に、住宅ローンを利用したのは68.2%。そのうち69.3%がローン控除を利用している。ローン控除が適用される物件を探したという回答は、ローン控除利用者の54.3%と過半となった。

 また、ローン控除が適用される物件を探した人のうち、40.8%が「本当は築古物件でも良かったが、(ローン控除の築年数要件である)既存マンションは築25年以内、既存一戸建ては築20年以内の物件を探すことにした」と回答しており、住宅選択にあたっては一定の築浅誘導効果があった。

 ローン控除を利用した人のうち、築26年以上のマンション、築21年以上の一戸建てを購入した人は23.4%。その場合に必要となる代替要件の選択では、既存住宅売買瑕疵保険への加入が26.8%、耐震基準適合証明書の取得が43.8%、既存住宅性能評価書の取得が2.1%と、差が開いた。

 一方、住宅ローン利用者のうち、ローン控除を利用しなかったのは25.3%。このうち、床面積が50平方メートル未満のため要件に不適合だったケースが18.6%、築年数要件に適合しなかったのが73.3%。このうち、代替要件の取得に動かなかったというケースが69.8%おり、制度の認知度不足や仲介会社の説明不足をうかがわせた。

 FRKでは、今回の結果をエビデンスとして、政策・税制要望に反映させていく考え。「ローン控除が築浅への誘導機能を発揮していることは分かったが、要件とされる築年数を超えてなお十分に活用可能な既存物件を考慮し、『当初許容していた築年数よりも築古でも十分選択に値する』と考えるユーザーを増やすことが大切。今後、耐用年数について技術的な視点からも検討を進めたい」とした。

この記事の用語

住宅ローン控除

住宅ローン減税を参照。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。