不動産ニュース / 開発・分譲

2021/6/10

「KOIL」シリーズ初の屋外施設オープン/三井不

「KOIL MOBILITY FIELD」

 三井不動産(株)は、開発途上のロボットやドローンなどのモビリティの開発をサポートする「KOIL MOBILITY FIELD(コイル モビリティ フィールド)」を15日に柏の葉スマートシティ(千葉県柏市)内にオープンする。2014年4月開業のインキュベーション施設「KOIL」、21年1月開業のオフィス「KOILTERRACE」に続く「KOIL」シリーズの施設であり、初の屋外施設。

 開発中ロボットを安全に、使い勝手よくテストできる“開発検証フィールド”として運用する。柏の葉ではこれまでも多くの実証実験やロボット開発の相談が寄せられてきた。しかし公道を利用する開発検証や実証実験では、行政などとの手続きに時間がかかるため、スピード感を求めるベンチャー企業のニーズに応えられないということが課題として挙げられていた。特にドローンの場合は、機体の暴走防止のために全面をネットで覆った緩衝ネット付き飛行場でのテスト環境が求められ、そうした場所の確保は容易ではなかった。

 そこで「KOIL MOBILITY FIELD」では、迅速・簡易な手続きで開発検証ができ、使い勝手のよいテスト環境を整備。新産業創出を加速させる。

 柏の葉スマートシティの「イノベーションキャンパス地区」内135街区内に立地。敷地面積6,545平方メートル。自動運転、走行中ワイヤレス給電などの検証ができる「モビルティサーキット」、緩衝ネット付き飛行テスト施設「ドローンフィールド」、ロボット草刈り機の開発に適した「草刈りフィールド」、モニターや充電環境を備えたコントロールルーム「作業室(トレーラーハウス)」で構成。運営はドローンワークス(株)に委託する。

 今後も、開発・実験をサポートする各種施設をオープンさせる計画。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。