不動産ニュース / 開発・分譲

2021/6/11

滋賀・草津にニューノーマル対応マンション/東急不

「ブランズシティ南草津」外観完成予想図

 東急不動産(株)は、ニューノーマル対応の分譲マンション「ブランズシティ南草津」(滋賀県草津市、総戸数217戸)のマンションギャラリーを、12日にオープンする。

 同マンションは、JR琵琶湖線「南草津」駅徒歩2分に位置。敷地面積3,752.99平方メートル、延床面積2万2,817.68平方メートル、鉄筋コンクリート造地上14階建て。専有面積61.07~97.39平方メートル、間取り2LDK~4LDKの17タイプを用意する。

 共用部には、場面ごとに使い分けられるコワーキングスペースを設置。個室で集中して仕事に取り組める「集中エリア」、開放感のある場所での作業に適した「オープンエリア」、リラックスしながら読書なども楽しめる「リフレッシュエリア」とする。専有部にもワークスペースを設けたセレクトプランを用意した。

 “非接触”については、デジタル技術を活用し、遊具などへの接触の機会を減らした清掃性の高いキッズスペースを用意。エレベーターは非接触で操作することが可能、電子キー(オプション)なども用意し、自宅まで住宅設備に触らず行き来できるようにした。
 また、一部の住居には屋外でリフレッシュできるよう、奥行き約2.3mの幅の広いバルコニーを設置。外で使ったものを部屋に持ち込まずに保管できるクロークを玄関脇に取り入れたプランも設ける。

 販売戸数は未定。竣工・引き渡しは、2023年3月の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

コワーキングスペース

属性の異なる人々が共同で利用し、相互に交流することのできる仕事場。英語のcoworking space。業務のための場所を共有するだけでなく、利用者間の交流が生まれるところに特徴がある。また、交流を促すための行事などが実施される場合もある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。