不動産ニュース / IT・情報サービス

2021/6/18

個人顧客との契約書類をすべて電子化/レオパレス

 (株)レオパレス21は16日、個人向け電子契約サービスの範囲を拡張し、「駐車場の電子契約サービス」をスタートした。

 同社では2015年に「賃貸契約のペーパーレス化」を開始し、賃貸住宅の部屋については、個人・法人といった顧客属性によって異なる書類や手続きについて、検証を重ねながら段階的に電子化・オンライン化を推進してきた。今回、駐車場の契約を電子化することで、書面交付が義務付けられている定期借家契約を除き、顧客との間で取り交わす一連の賃貸契約のすべてを電子化・ペーパーレス化できるようになった。

 今回のサービスでは、契約手続き完了後、顧客に対して契約書の控え(電子文書)をメールで送信することで、顧客の利便性の向上につながるとしている。また、業務負担の軽減として、年間想定で約2,150時間削減、約970万円の削減効果が期待できる他、ペーパ-レスにより省資源化も実現できるとしている。

 今後は、21年秋をめどに個人顧客との間で取り交わす一連の契約手続きをオンライン上で完結できるよう、実証実験を重ねていく考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。