不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/6/22

証券化対象不動産の取得額は3.9兆円

 国土交通省は22日、令和2年度「不動産証券化の実態調査」の結果を公表した。

 同年度中に証券化された不動産資産(不動産または信託受益権)額は、約3兆9,000億円(前年度比2,000億円減)。証券化ビークル等が譲渡した資産額は約3兆円(同9,000億円減)だった。

 スキーム別に見ると、取得された資産ではリート(私募リート含む)が約1兆7,000億円と全体の約43%を占め、不動産特定共同事業は約2,900億円となった。その他私募ファンド(TMK、GK-TKスキーム)は約1兆9,500億円。

 譲渡された資産は、リートが約2,900億円、不動産特定共同事業が約900億円。その他私募ファンドは約2兆6,200億円だった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

証券化(不動産の証券化)

不動産を流動化する手法の一つで、不動産をSPC等に譲渡し、または信託して、その不動産から得られるであろう収益を裏付けに、有価証券を発行する方法をいう。証券化によって、不動産の価値が金融商品として取引されることになる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。