不動産ニュース / 開発・分譲

2021/6/22

宇都宮駅前の複合施設、テナントと「まちづくり協定」

複合施設の完成イメージ

 住友商事(株)は22日、宇都宮市が推進する「宇都宮駅東口地区整備事業」(栃木県宇都宮市)において、同社が開発する複合施設の主要出店テナントを決定。テナントとまちづくりの検討を連携して行なうため、まちづくり協定を締結した。

 同事業は、宇都宮市が「宇都宮の未来を拓く新たな魅力の創造・交流とにぎわいの拠点」に位置付ける整備事業。北関東最大級の収容人数となるコンベンション施設や、新たな交通網となるLRT(次世代型路面電車システム)、開放的な交流広場や高度専門医療の拠点となる病院、ライフスタイル型商業施設、オフィスなどを官民連携で開発していく。

 同社は2018年5月に同市が実施した事業者公募で、野村不動産(株)を代表企業とする企業グループの一員として優先交渉権者に選定。1~6階を商業施設、5~14階をホテルで構成する複合施設の開発、隣接する立体駐車場の整備を担当する。

 施設はJR「宇都宮」駅、LRT停留場と直結。敷地面積約7,700平方メートル、延床面積約3万7,400平方メートル、鉄骨造地上14階建て。商業施設には、スーパーマーケット「ヨークベニマル」などが出店する。ホテルは「カンデオホテル宇都宮(仮称)」(客室数288室)で、客室面積は18~20平方メートル。露天風呂付きの大浴場や、展望レストランも設ける。

 竣工は22年7月、開業は同年8月の予定。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。