不動産ニュース / 開発・分譲

2021/6/30

上尾で埼玉初のZEH-M分譲/総合地所

「ルネ上尾」外観。建物南側は低層住宅地で、中層階でも眺望は良好。駅までも見渡せる

 総合地所(株)は29日、分譲マンション「ルネ上尾」(埼玉県上尾市、総戸数80戸)を報道陣に公開した。

 同物件は、JR高崎線「上尾」駅徒歩7分に立地する、地上10階建てのマンション。建設地は、上尾駅から続く市役所通りに面しており、2018年11月に取得。環境省の「高層ZEH-M支援事業」に採択された省エネルギーマンション。同社では「ルネ南柏駅前」(千葉県柏市、総戸数59戸)に次ぐZEH-Mで、埼玉県では初のZEH-Mとなる。ZEH-M仕様とすることが決まったため、竣工売りに切り替え、21年4月の竣工と同時に販売活動を開始した。

 建物躯体の断熱強化に加え、単層、複層Low-E樹脂の二重サッシ、リビングのエアコンと連動する床暖房、節水シャワー、魔法瓶浴槽、HEMSなどにより、住戸内のエネルギー消費率を25%削減する。これにより、ZEH-Mに加え、省エネ性能表示制度「BELS」の最高ランク認証と、低炭素建築物認定も取得。フラット35S、住宅ローン減税の借入限度額、最大控除額が引き上げられる。

 住戸は、3LDK・4LDK、専有面積約68~81平方メートル。2つの居室を稼働収納で間仕切ることで、部屋・収納の大きさと数を自由に変えられる「UGOCLO」を2スパン用意した。また、共用ラウンジはコンセント付きテーブルとWi-Fiを備え、テレワーキングスペースとして使えるようにした。

 4月17日の販売活動開始からの総反響数は約540件、総来場者数は約180件。5月22日に登録抽選した1期45戸は完売。2期は30戸を予定。1期の販売価格は3,698万~5,598万円、坪200万円、最多価格帯4,000万円台。来場者の属性は、年代は30歳代が40%、40歳代が20%、50歳・60歳代も31%と高い。居住地は上尾市が約50%、桶川市が約8%、さいたま市北区が約7%。年収は400万円台が約15%、500万円台が約20%、600万円台が約12%、700万円台が約10%、1,000万円以上も約15%。家族構成は2人が約45%、3人が約25%、4人が約15%。

 一次取得者のファミリー層に加え、上尾市内在住の富裕層も目立った。ZEHそのものへの評価はさほどでもなかったものの、ZEH化による設備仕様のグレードアップが立地同様に評価が高いという。

モデルルームのリビング。連窓サッシを用いて開放感を出した

この記事の用語

ZEH

年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量がおおむねゼロ以下となる住宅。ZEHは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?