不動産ニュース / ハウジング

2021/7/5

飯田G、住宅性能7項目で最高等級を義務化

耐震等級、劣化対策等級など主要7項目で最高等級を義務化した

 飯田グループホールディングス(株)は、7月1日より、同社グループが販売する新築の分譲戸建住宅の全棟で、住宅性能表示制度7項目の最高等級取得を義務化した。

 年間4万6,000棟の新築住宅を供給する同社グループでは、従来から、分譲戸建住宅で住宅性能表示制度の評価を取得してきたが、自然災害の頻発・激甚化に対応すると共に、人生100年時代に向けて、グループ統一の品質基準を制定したもの。

 対象会社は一建設グループ、飯田産業グループ、東栄住宅グループ、タクトホームグループ、アーネストワングループ、アイディホームグループで、対象物件は7月1日以降に同社グループが売り主として販売契約する新築分譲戸建全棟(注文住宅など請負によるものおよび海外物件、仲介物件は含まない)。

 最高等級を取得した住宅には、「住宅性能表示制度7項目最高等級取得シンボルマーク」を掲示する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。