不動産ニュース / その他

2021/7/7

旧定期売り場等をシェアオフィスに/東急電鉄

「電車とバスの博物館B棟」は電車の客席等をワークスペースとして提供する

 東急電鉄(株)は7日、駅の旧定期券売り場や「電車とバスの博物館B棟」(川崎市宮前区)をシェアオフィスとして暫定活用する計画を公表した。活用期間はいずれも1年間。

 同企画は、日頃顧客との接点が多い駅係員、乗務員等が参加。スタート後も、参画した両駅の駅係員が運営業務等に携わることで、顧客のニーズや地域特性を反映したサービス提供を目指す。家具のサブスクリプションサービスを展開する(株)subsclife、テレワークプレイスの予約・決済等が行なえるアプリ「Suup」を手掛けるMoon Creative Lab Inc.と協業。テレワークスペースの予約受付は、「Suup」で行なう。

 まず12日に、東横線「武蔵小杉」駅と田園都市線「長津田」駅の旧定期券売り場を活用したシェアオフィス「TSO エキ de work Kosugi」(川崎市中原区、座席数5席)と「TSO エキスル長津田」(横浜市緑区、座席数9席)をオープン。いずれもWi-Fiやコンセントを設置。利用料金は15分100円。営業時間は7~20時。

 8月1日には、2020年2月から休館している「電車とバスの博物館」B棟をシェアオフィスとして営業する。「大人がワクワクするアミューズメントシェアオフィス」をコンセプトに、電車の客席や飛行機の操縦席等をデスクに活用。座席数は30席。Wi-Fiやコンセントを完備し、飲食・Web会議可能スペースも用意する。利用料金は1時間200円。営業時間は9時30分~17時で、営業日は博物館の営業日。

「TSOエキde work Kosugi」外観(左)、ワークスペース(右)
「TSO エキスル長津田」外観(左)、ワークスペース(右)

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?