不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/7/8

20・30歳代夫婦の部屋探し、75%が「家賃」重視

 (株)リクルートは8日、「夫婦の住まいと生活 じっくりレポート2021」を発表した。関東地方1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)の賃貸住宅に住む20・30歳代の既婚者を対象に、住まいに関するアンケート調査を実施。その結果をまとめたもの。実施期間は2月22~24日、有効回収数は412。

 部屋探しで重視した条件については、「家賃」との回答が75%でトップに。「通勤・通学時間」(56.8%)、「最寄駅からの徒歩分数」(56.1%)、「路線・駅やエリア」(53.4%)といった、交通アクセスの利便性を重要視する項目がすべて50%以上を獲得し、上位を占めた。
 そうした中、3位に「間取り」がランクイン。シングル男女の調査では「間取り」が48.5%だったが、夫婦では56.3%という結果に。「日当たり」も、一人暮らしが32.0%のところ、夫婦では43.9%と、一人暮らしよりも家での快適性を重視する傾向にあることが分かった。夫婦が実際に選んだ間取りは「2LDK」が33.7%で最多。また、「2DK」(13.3%)より「1LDK」(23.4%)のほうを選んだ人が多く、リビングの広さにこだわる夫婦が多い様子がうかがえる。

 現在使っていて便利に感じている仕様・住宅設備は、トップが「バス・トイレ別」(41.7%)。2位は「エアコン」(41.0%)、3位は同率で「TVモニター付きインターホン」「追い焚き機能」(35.4%)、5位が「独立洗面台」(33.5%)。スムーズな生活動線を意識した「追い焚き機能」「独立洗面台」といった水回り設備が上位を占める結果となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。