不動産ニュース / その他

2021/7/12

京成とUR、地域活性化の取り組みで連携

 京成電鉄(株)と(独)都市再生機構(UR都市機構)はこのほど、千葉県・茨城県内をはじめとした京成電鉄の沿線地域等の活性化を目的に、連携・協力に関する包括協定を締結した。

 京成電鉄は、現中期計画において、沿線自治体と連携し、エリアの実態に即した地域活性化策に取り組むなど、沿線地域の持続的発展に資する投資を推進している。UR都市機構は、高経年化している団地について、地域関係者との連携によりストック再生を実施、地域および団地ごとの特性に応じた多様な活用を行なっている。
 そこで両者は、千葉県・茨城県内の126団地、約9万2,500戸のUR賃貸住宅について、ストックの活用・再生等や、各種施策への取り組みを実施し、中長期的な視点でソフト・ハード両面の施策を推進することで、沿線地域の価値向上を図っていく。

 主な連携事項は、京成電鉄沿線地域の魅力向上と活性化、安心して住み続けられるまちづくり、コミュニティの形成、発展など。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

都市再生機構

都市基盤整備公団と地域振興整備公団の地方都市開発整備部門を合併・改組して、「独立行政法人都市再生機構法」にもとづき2004(平成16)年7月に設立された独立行政法人。 その主要な業務は、大都市および...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。